×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

カラオケを上手に歌うコツ

カラオケをうまく歌うコツを知りたくありませんか?
カラオケは苦手という人も忘年会や新年会、送別会や歓迎会などで歌わなくてはならない時が必ずあります。
でもカラオケを上手に歌うコツを押さえておけば安心です。
カラオケをうまく歌うコツとしてまず、腹式呼吸で歌う事です。
カラオケに慣れないうちはどうしても喉で歌ってしまいます。
カラオケで喉を使いすぎるとガラガラになったり痛めてしまいます。
腹式呼吸でのカラオケの歌い方のコツとしては、まず声を出さずに喉の開け閉めの感覚を覚えましょう。
のどを閉めないで開ける感じをイメージします。
喉仏を下に下げるようにするのがコツです。
喉を開けるコツをつかんだら、軽くおなかに手を当て、お腹から発声するように練習しましょう。
喉を開けお腹から発声すると今まで出なかった低音や声量がカラオケで出るようになります。
カラオケで上手に歌うコツの第1歩は腹式発声です。
喉で無理やり歌おうとせず腹式発声で歌うとカラオケが上手に聴こえます。
最初はお腹に手を当てながら大きく息を吸ってお腹の息を出すように発声練習しましょう。

☆驚異のボイストレーニング法で音痴を克服する方法を今すぐ見る!☆

カラオケ上達法とビブラート

カラオケを上手に聞かせるコツの一つにビブラート(声を震わせる方法)があります。
ビブラートなしのカラオケの歌い方では単調ですし雰囲気が出ません。
ビブラートには細かい振るわせ方や演歌のコブシのようなものもあります。
カラオケのビブラートのコツとしての注意点は、喉で震わせないようにする事です。
喉でビブラートをかけようとすると声帯に負担がかかり喉を痛めてしまいます。
カラオケビブラート練習法のコツは、まず喉を開き腹式呼吸で声を発生することが重要です。
まず、楽な音域で「あー」と息が続かなくなるまでロングトーンで発生します。
息が続かなくなってくると音程が不安定になり、自然と声が揺れてビブラートがかかります。
その時にお腹に少し力を入れ、横隔膜でビブラートの幅を調整するようにするのがコツです。
最初はうまくいかないかもしれませんが、コツをつかめば自然とビブラートが出来るようになりますので、カラオケを上手に聞かせるため是非マスターしましょう。
くれぐれも喉ビブラートはのどを痛めてしまいますので腹ビブラートをマスターしましょう。

カラオケ選曲のコツ

カラオケの曲を選択するのにもコツがあります。
極端にアップテンポの曲やスローテンポの曲は極力避けましょう。
人気曲だからといってカラオケでアップテンポの曲を選択するとリズムが追いついていかず上手に聞こえません。
歌いやすいミディアムテンポの曲を選択するのがコツです。
またキーの極端に高い歌や低い歌も声が裏返ったり低音が出し切れなくなるのでカラオケ曲には選択しないほうが無難です。
自分が好きだからといって、皆が知らない曲やマニアックすぎる曲カラオケには避けましょう。
忘年会や歓迎会でのカラオケは単なる歌というよりも社交の意味合いもあります。
普段からラジオやテレビの歌番組のベストテンランキングなどをチェックし歌いやすそうな曲をカラオケボックスで練習しておくと良いでしょう。
カラオケで音程を外さないコツですが、モニタースピーカーの音が良く聞こえる位置に立つ事です。
カラオケの音が聞こえないとどうしても音程を外してしまいます。
カラオケボックスはがやがやうるさいですので、画面の歌詞ばかりに気をとられずに、しっかりとモニタースピーカーからの曲のキーを聞くようにすることがコツです。


Copyright © 2007 カラオケのコツと上達法